【朗報】KOSE メラノショット ホワイトDで本当にシミが消えた話!!

スキンケア

※この記事は2020年10月2日にその後の経過も含めて追記しています。

シミのもとにアプローチして無色化することが出来るという、「KOSE メラノショットホワイトD」

メラノショットホワイトDは2020年2月16日に発売と比較的新しい商品で、医薬部外品です。

医薬部外品とは

医薬部外品とは、有効性や安全性が認められた日本の医薬品と化粧品の中間的な分類。厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分を一定濃度で配合することが出来ます。

そんなメラノショットホワイトD、使ってみたところ…

これ、まじですごいです(笑)

筆者みあ
筆者みあ

2週間でシミが消えました。感動。

メーカー調べでも、99%の人がメラノショットホワイトDのシミへの効果に満足したよう‼

今回は、メラノショットホワイトDどのように使ったらシミが消えるのか、どんな人におすすめなのか、分かりやすくご紹介していきますね!

消えたシミの大きさ

メラノショットホワイトDを使う前は、顔に細かいシミが複数個ありました

それが嫌すぎて、メラノショットホワイトDを2週間使用したところ、嘘みたいにシミが消えたんです!!

レーザーでも医療でもなく、シミが消えるって本当にすごい

今後新たに出来るシミ対策にもなるのでその後ずっと使っています。

そして今回 メラノショットホワイトDを使って2週間で消えたシミは、

どれも直径約2mm程度。ほくろくらいの濃さでした

シミってやっぱり年齢を感じさせるものなんだなって身をもって実感・・・シミがいくつか消えるだけで、顔の透明感がグンと増して、いつもと同じスキンケアでも見た目年齢が若返ったような気がします。

やっぱり、あきらめちゃダメです。今の時代シミは消せます。

どのように使ったのか

KOSEの公式では、メラノショットホワイトDは化粧水と乳液の間で使うとのこと。

公式…化粧水⇒メラノショットホワイトD⇒乳液

ですが、この使い方だと乳液でメラノショットホワイトD が流れてしまいそうだったので、私は、

自己流…化粧水⇒乳液⇒メラノショットホワイトD

の順番で朝晩使っていました!ニキビの薬のように、シミをメラノショットホワイトDで埋めこんでいました(笑)

どのくらいの期間でシミが消えたのか?

上記のようにして朝晩メラノショットホワイトDを塗り続けたところ…

にっくきシミが2週間で嘘みたいに消えました!!!!

シミに悩むかたはメラノショットホワイトD一回試してみる価値あり。

メラノショットホワイトDを使用したきっかけはいただいたサンプルでしたが、

前述したとおり顔に細かいシミがいくつもあるので、その後本体を購入して使い続けています!

その後シミが復活!?KOSE美容部員さんに相談

2週間してシミが消えた同じ場所に、うっすらシミが復活しては消え、復活しては消え…と、安定しない時期がありました。

心配だったのでKOSEの美容部員さんに相談したところ、

シミは肌の奥まで根を張っていて、肌の外に出ている色素(=シミ)が消えたとしても、根元の色素まで根絶しないとまた復活してしまう

とのことでした。

メラノショットホワイトDは、お肌のターンオーバーをどんどん促進して、根元の色素をどんどん上へ押し出し、繰り返しシミの元となる色素を消していくことで、完全にシミを消してくれるんだそうです

私達が想像する以上にシミは簡単に消せないんですね(T^T)

でもおかげで、1カ月間の集中対策をしたら、安定しない時期はなくなり、ほくろのようなシミが完全になくなりました!!他のシミも付ける前よりはぼんやりぼやけてだいぶ薄くなってきています( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

まとめ

メラノショットホワイトDは、未来の肌のために、レーザーはちょっと…という方に、本当におすすめです!また、これから絶対にシミを残したくない!というシミ予防をしたい方にはまず最初に使ってほしい美容液。

シミの根元にアプローチして、根源から色素を薄くしてくれる、メラノショットホワイトD、シミにお悩みの方は是非試してみてください (⁎˃ᴗ˂⁎)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました